Compass

山と自然ネットワークコンパス

ご利用規約


この利用規約(以下「本利用規約」という)は、山と自然ネットワーク・コンパス(以下「コンパス」という)で提供するサービス(以下「本サービス」という)を、本サービスの利用者(以下「ユーザー」という)が利用する際の一切の行為に適用されます。ユーザーは、本利用規約に従い本サービスを利用するものとし、本利用規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。


第1条「はじめに」

  1. 1) コンパスとは、公益社団法人日本山岳ガイド協会とインフカム株式会社(以下「運営者」という)が運営し、株式会社クルーズ・コミュニケーションズが代理店業務を行う情報ネットワークの総称です。
  2. 2) 本利用規約は、本サービスの利用条件を定めるものであり、ユーザーが本サービスを利用する際の一切の行為に関連して適用されます。

 

第2条「本利用規約の範囲」

  1. 1) コンパスの利用にあたっては、本利用規約及びその他の利用規約等において、本サービスの利用条件が規定されています。その他の利用規約等は名称の如何に関わらず本利用規約の一部を構成するものとします。
  2. 2)「本利用規約の規定とその他の規定が異なる場合は、当該その他の利用規約等の規定が優先して適用されるものとします。

 

第3条「本利用規約の変更」

  1. 1)運営者は、本利用規約の条項を任意の理由で変更することができるものとします。
  2. 2)変更後の利用規約は、運営者が別途定める場合を除いて、本サイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。
  3. 3)ユーザーが、本利用規約の変更の効力が生じた後に本サービスをご利用になる場合には、変更後の利用規約の全ての記載内容に同意したものとみなされます。

 

第4条「個人情報の取扱い」

運営者は、個人情報を「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

 

第5条「通信の秘密」

  1. 1) 運営者は、電気通信事業法に基づき、ユーザーの通信の秘密を守ります。
  2. 2) 運営者は、次の各号に掲げる場合には、当該各号に定める範囲内において前項の守秘義務を負わないものとします。
    1. ア.刑事訴訟法又は犯罪捜査のための通信傍受に関する法律の定めに基づく強制の処分又は裁判所の命令が行われた場合
    2. イ.法令に基づく強制的な処分が行われた場合
    3. ウ.特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律に基づく開示請求の要件が充足されたと当協会が判断した場合
    4. エ.他人の生命、身体又は財産の保護のために必要があると運営者が判断した場合

 

第6条「著作権等の権利の帰属」

  1. 1) コンパス及び本サービスに関する著作権等の知的財産権はインフカム株式会社(以下「甲」という)に帰属し、コンパスで表示する掲示物の著作権等は正当な権利を有する者に帰属します。
  2. 2) 本サービスで使用する地図は、甲が国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものです(承認番号 平27情複、 第222号)。ユーザーは、ダウンロードした電子地形図を本サービスで使用する以外の目的で複製し、他メディアへ転用、記載等を行うことはできません。

 

第7条「ユーザー登録」

  1. 1) 本サービスの利用を希望する者は、本利用規約の内容に同意した上で、運営者が定める所定の方法により、ユーザー登録の申込を行うものとします。
  2. 2) 登録の申込をした者は、運営者が入会の申込を承諾した時点でユーザーになります。
  3. 3) 運営者は、本サービスの機能やツールを、ユーザーの利用環境等の条件に応じて提供するものとします。
  4. 4) 運営者は、ユーザーに対して新サービスの告知、広告配信、サービス運営上の事務連絡、その他情報の提供を行います。ただし、ユーザーが情報の提供を希望しない旨を所定の方法で通知することで、コンパスの運営上で必要な場合を除いて、情報の提供を行わないものとします。
  5.  

第8条「ユーザー登録の不承諾」

運営者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、運営者の判断によって、ユーザー登録の申込を承諾しないことがあります。
  1. 1) ユーザーが登録解除を希望する場合は、ユーザーは、運営者が定めた所定の方法により、登録解除の申出を行うものとします。
  2. 2) その他、運営者が不適切と判断した場合

 

第9条「登録解除」

  1. 1) ユーザーが登録解除を希望する場合は、ユーザーは、運営者が定めた所定の方法により、登録解除の申出を行うものとします。
  2. 2) 運営者は、ユーザーが次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、運営者の判断によって、ユーザーを強制的に登録解除させて本サービスの利用をお断りすることがあります。
    1. ア.本利用規約に違反又は本サービスを通じて他ユーザーを誹謗中傷するなどの行為をした場合
    2. イ.その他、運営者が不適切と判断した場合

 

第10条「登録メールアドレス及びパスワードの管理」

  1. 1) ユーザーは、自分の管理に属する使用可能な自己のメールアドレス(以下「メールアドレス」という)を登録しなければならず、当該メールアドレスが自己の管理に属さなくなったときには、自己の管理に属する使用可能な別のメールアドレスに変更しなければならないものとします。
  2. 2) ユーザーは、メールアドレス及びパスワードの不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を持つものとします。
  3. 3) ユーザーは1人につき1つのアカウントを保有するものとします。
  4. 4) メールアドレスやパスワードが第三者に利用されたことによって生じた損害等につきましては、運営者に故意又は重過失がある場合を除き、運営者はいかなる責任も負いません。

 

第11条「ユーザーの行為」

  1. 1) ユーザーは、ユーザー自身の行為において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の登山行為及びその結果について一切の責任を負います。
  2. 2) ユーザーが他人の名誉を毀損した場合、プライバシー権を侵害した場合、許諾なく第三者の個人情報を開示した場合、著作権法に違反する行為を行った場合、他人の権利を侵害した場合には、当該ユーザーは自身の責任と費用において解決しなければならず、運営者は一切の責任を負いません。
  3. 3) ユーザーは、ユーザーが本サービスを利用して投稿した情報について運営者に保存義務がないことを認識します。

 

第12条「不適切なユーザー」

運営者は、運営者が不適切と判断したユーザーに対し、強制登録解除、利用停止、投稿した情報等の全部もしくは一部の削除、又は公開範囲の変更等の措置を採ることがあります。

 

第13条「本サービスの変更等」

運営者は、本サービスを任意の理由により追加、変更、中断、終了することができます。

 

第14条「情報の投稿」

  1. 1) ユーザーは、本サービスを通じて登山者向けの山岳情報として写真や文章等(以下「情報」という)を投稿することができます。
  2. 2) 情報を投稿するユーザーは、運営者に対し、情報が第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。
  3. 3) 本サービスを通じて投稿された情報の権利(著作権および著作者人格権等の周辺権利)は、創作したユーザーに帰属します。
  4. 4) 情報を投稿したユーザーは、情報の使用権が運営者及びコンパスでの利用に帰属することを許諾し、情報の著作権使用料等(肖像権使用料含む)の請求または主張を一切行わないものとします。
  5. 5) 運営者はユーザーが本サービスを通じて投稿した情報等の内容について一切責任を負いません。
  6. 6) 情報は、運営者が定めた方法で表示することができ、また、保存義務は無いものとします。

 

第15条「登山届」

  1. 1) 本サービスでは、登山やハイキング、クライミング、バックカントリースキー等を行うときに、自治体や警察へ提出する計画書、簡易申請(入山申請)(以下「登山届」という)の受け付けシステム(以下「本システム」という)を提供します。
  2. 2) ユーザーは、本システムを使って登山届を作成し、アップロードすることができます。
  3. 3) 本システムでは、登山届に記載された同行者並びに緊急連絡者とも登山届を共有します。遭難や行方不明等の緊急事態が発生した場合、自治体や警察、救助・捜索関係者が登山届を閲覧し、救助又は捜索活動を迅速に行うために用いられます。
  4. 4) 本システムでは、ユーザーがアップロードした登山届の下山予定日時が過ぎ、且つユーザーが本システムの機能を用いて下山報告が行われなかった場合、本システムを通じてユーザーへ下山確認の通知を行います。
  5. 5) 運営者は、ユーザーが本システムを用いて登山届をアップロードしても、ユーザーの安全登山を保証するものではありません。
  6. 6) 事故遭難等の緊急時又は安全対策等に係る応対は、ユーザー並びに被ユーザー関係者、自治体、警察、捜索関係者との間で行うものとします。

 

第16条「利用料金」

  1. 1) ユーザー登録及び本システムの基本サービスは無料とします
  2. 2) 付帯するサービス等で利用料金が発生する場合は、有料サービスの利用規約が定めるとおりとします。

 

第17条「災害情報の配信について」

  1. 1) 運営者であるインフカム株式会社(以下「当社」という)は、ユーザーの安全性向上のため、コンパスの機能としてLアラートや都道府県、市町村から発信された災害情報等(主に火山噴火に関するもの)をユーザーへ伝達します。
  2. 2) 当社では、Lアラートから配信された情報を登山者向けに内容を損なわない範囲で仕分け、編集します。
  3. 3) Lアラートから配信された情報は、当社サーバを通じてプッシュ通知及びメール配信にて登山者へ提供します。
  4. 4) Lアラートについては、(一財)マルチメディア振興センターのホームページ(http://www.fmmc.or.jp/commons/)をご覧下さい。

 

第18条「免責事項」

  1. 1) 本サービスの利用により発生したユーザーの損害、及び本サービスを利用できなかったことで発生した損害に対し、運営者はいかなる責任も負いません。
  2. 2) 運営者は、本サービス内の機能、及びユーザーが投降した情報の信頼性、利用の可能性、ユーザーの要望に応える能力について何ら保証するものではなく、本サービスは現状有姿で提供します。

 

第19条「本利用規約及びその他の利用規約等の有効性」

  1. 1) 本利用規約及びその他の利用規約等の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本利用規約及びその他の利用規約等のその他の規定は有効とします。
  2. 2) 利用規約等の規定の一部があるユーザーとの関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、利用規約等はその他のユーザーとの関係では有効とします。

 

第20条「本利用規約又はその他の利用規約等違反行為等への対処」

本利用規約又はその他の利用規約等に違反する行為を発見した場合には、お問い合わせフォームから通報してください。ただし、個別のサービスにおいて、特に、運営事務局に通報するためのリンクが設けられている場合には、当該リンク先から通報してください。

 

第21条「準拠法及び管轄裁判所」

  1. 1) 本利用規約の準拠法は、日本法とします。
  2. 2) ユーザーと運営者の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  3.  

     

    附則

    1. 1) 本利用規約は平成25年7月1日から施行します。
    2. 2) 本利用規約の施行前にユーザーによって行われた行為についても本利用規約が適用されます。